SILS_top

Home > 研究紹介 > 人とロボットの協調・競合

単孔式内視鏡手術のためのマスタ・スレーブロボットシステム


 外科的治療として広く普及している内視鏡手術は,患者の腹部等に設けた複数の孔から細長い手術器具と内視鏡を挿入して行う手術であり,従来の開腹手術に比べ傷が小さく患者のQOLを損なわない低侵襲な手術となっています.近年ではさらに低侵襲で整容的な手術として単孔式内視鏡手術が注目されており,全国的にも導入され始めています.

 単孔式内視鏡手術は,一つの孔にポートを介して手術器具と内視鏡を挿入して行われる手術で,例えば孔を臍に設けた場合は術後の傷跡がほとんど残らないので,内視鏡手術よりも更に整容的で注目の高い手術となっています.しかし,一つの孔のみで手術器具と内視鏡を操作するため, 内視鏡手術の困難さに加え,医師の手の作業空間の狭さや,手術器具と内視鏡の干渉が問題となっています.そのため,単孔式内視鏡手術は患者のメリットが高い一方で医師への負担が大きくなっています.

 そこで, 本研究では従来の内視鏡手術と同様の操作感覚で単孔式内視鏡手術ができるマスタ・スレーブロボットシステムを開発しています.本システムを利用することで,医師の負担を軽減し,患者と医者の両者の立場にとってメリットのある手術を実現したいと考えています.

 また本研究は大阪大学大学院医学系研究科消化器外科講座との医工連携で行っており,手術見学に行き実際の現場状況を把握したり医師から直接意見を聞いたりすることで,さらに有効的なシステムを目指しています.
 
system_sils



研究内容