motion_measurement_top

Home > 研究紹介 > 人の理解によるロボットの能力拡大

ヒトの運動を筋レベルで計測・解析する


 ニューロサイエンスの分野では古くから運動プリミティブが何であるか議論されており, 運動機能単位を見出す研究が発展していますが,ロボットへの応用はあまり行われていません.

 本研究では, ニューロサイエンスで得られた断片的な知見をもとに, 運動計測により得られた筋電位(EMG)から筋協調パターンを抽出し, ヒトの多自由度問題(筋・神経系の複雑さに関する問題)の解決, さらには抽出した筋協調パターンを用いた筋骨格ロボットの新たな制御方法の提案を目指しています.
 
system_robot



研究内容