Intelligence_device

Home > 研究紹介 > 人とロボットの一体化

歩行運動を矯正する適応型膝関節ロボット装具


 体に装着して使用する外骨格型のロボットは,運動のアシスト・コーチングやリハビリテーション分野での利用を通じて,ヒトのQOL(Quality Of Life)の向上に貢献することが期待されています.

 当研究室では,空気圧で駆動する生体親和性に優れた人工筋肉を用いて運動を 矯正する膝関節ロボット装具を開発しました.このロボット装具を用いた矯正運動中の筋活動を調べることで,ヒトとロボットが一体となったパフォーマンスだけではなく,ヒトにどのような影響を及ぼしているかについても評価を行っています.
 
system



研究内容