宮崎研関連文献

Home > 宮崎研関連文献 > 雑誌論文・単行本

雑誌論文・単行本

最終更新 2017年6月7日(Yuya Nakae)

2016

  • 鎌田一平,植村充典, 平井宏明, 宮崎文夫, '膝装具歩行における制御戦略の解析', 日本機械学会論文集(ロボティクス,メカトロニクス), ID: 16-00236, 2016.

  • Tominaga K, Lee A, Altenmüller E, Miyazaki F, Furuya S, Kinematic origins of motor fluctuation in expert pianists. PLOS One, 1(8): e0161324 (15 pages), 2016.

  • 富永健太, 飯村太紀, 植村充典, 平井宏明, 宮崎文夫, 'ヒトの下肢運動に関わる不変量としての筋シナジー', 計測自動制御学会論文集, vol. 52, no.1, pp. 1-9, 2016.

  • Hirai, H., Pham, H., Ariga, Y., Uno, K., and Miyazaki, F.,Cognitive Neuroscience Robotics: Synthetic Approaches to Human Understanding,Springer,Jan. 2016.

2015

  • Hiroaki Hirai, Fumio Miyazaki, Hiroaki Naritomi, Keitaro Koba, Takanori Oku, Kanna Uno, Mitsunori Uemura, Tomoki Nishi, Masayuki Kageyama and Hermano Igo Krebs,'On the Origin of Muscle Synergies: Invariant Balance in the Co-Activation of Agonist and Antagonist Muscle Pairs',Frontiers in Bioengineering and Biotechnology,10: 3389,2015.

  • Furuya S, Oku T, Miyazaki F, Kinoshita H, 'Secrets of virtuoso: neuromuscular attributes of motor virtuosity in expert musicians',Scientific Reports,5:15750,2015.

  • Furuya S, Tominaga K, Miyazaki F, Altenmüller E,'Losing dexterity: patterns of impaired coordination of finger movements in musician's dystonia',Scientific Reports,5:13360,2015.

  • 松居和寛, 前垣和也, 山下雄人, 植村充典, 平井宏明, 宮崎文夫,'水平面肘関節運動における非拘束環境下への拡 張を目的とした2ch型機能的電気刺激(FES)平衡点制御モデルの解析', 生体医工学, vol. 53, no. 1, pp. 14-20, 2015.

  • Andre Lee, Kenta Tominaga, Shinichi Furuya, Fumio Miyazaki, Eckart Altenmuller, 'Electrophysiological characteristics of task-specific tremor in 22 instrumentalists', Journal of Neural Transmission, 122 (3), pp. 393-401, 2015.

2014

  • 松居和寛, 菱井康生, 前垣和也, 山下雄人, 植村充典, 平井宏明, 宮崎文夫,'多チャンネル型機能的電気刺激によるヒト肘関節運動の平衡点制御 〜等尺性環境下における検証〜', 計測自動制御学会論文集, vol.50, no.11, pp.755-762, 2014.

  • Yuki Horise, Toshinobu Matsumoto, Hiroki Ikeda, Yuta Nakamura, Makoto Yamasaki, Genta Sawada, Yukiko Tsukao, Yujiro Nakahara, Masaaki Yamamoto, Shuji Takiguchi, Yuichiro Doki, Masaki Mori, Fumio Miyazaki, Mitsugu Sekimoto, Toshikazu Kawai, Atsushi Nishikawa, 'A novel locally operated master-slave robot system for single-incision laparoscopic surgery', Minimally Invasive Therapy & Allied Technologies Published online on July 23, 2014.

  • M. Uemura, H. Goya, and S. Kawamura, 'Motion control with stiffness adaptation for torque minimization in multijoint robots', IEEE Trans. On Robotics, Vol.30, No.2, pp.352-364, 2014.

  • Andre Lee, Kenta Tominaga, Shinichi Furuya, Fumio Miyazaki, Eckart Altenmuller,'Coherence of coactivation and acceleration in task-specific primary bowing tremor', Journal of Neural Transmission, Volume 121, Issue 7, pp. 739-742, 2014.

  • Andre Lee, Kenta Tominaga, Shinichi Furuya, Fumio Miyazaki, Eckart Altenmuller,'Quantification of a Secondary Task-Specific Tremor in a Violinist after a Temporal Lobectomy', Frontiers in Human Neuroscience, Vol. 8, Article 559, 2014.

  • Kazuhiro Matsui, Yasuo Hishii, Kazuya Maegaki, Yuto Yamashita, Mitsunori Uemura, Hiroaki Hirai and Fumio Miyazaki, 'Equilibrium-point control of human elbow-joint movement under isometric environment by using multichannel functional electrical stimulation', Frontiers in Neuroscience, Vol. 8, Article 164, 1-9, 2014.

  • Andre Lee, Kenta Tominaga, Shinichi Furuya, Fumio Miyazaki, Eckart Altenmuller, Primary task specific tremor in 22 instrumentalists, Journal of Neural Transmission, Published online on 25 July, 2014.

  • 宇野かんな,奥貴紀,古場啓太郎,植村充典,平井宏明,宮崎文夫,水平面内におけるヒト上肢運動時のEMG信号を利用した筋シナジー・平衡点軌道および手先剛性の新しい評価法の提案,日本ロボット学会誌,Vol. 32, No. 7, pp. 603-614,2014.

  • M.Takeuchi, J.Shimodaira, Y.Aoyama, S.Hamatani, H.Hirai, and F.Miyazaki, Reconstruction of human skills by using PCA and transferring them to a robot, Journal of Robotics and Mechatronics, Vol. 26, No. 1, pp. 51-58, 2014.

  • Hang Pham, Yohei Ariga, Kenta Tominaga, Takanori Oku, Kanna Nakayama, Mitsunori Uemura, Hiroaki Hirai, and Fumio Miyazaki, Extraction and Implementation of Muscle Synergies in Neuro-mechanical Control of Upper Limb Movement, Advanced Robotics, Vol. 28, Issue 11, pp. 745-757, 2014.

2013

  • 福島大志, 宮崎文夫, 西川敦, 指文字無線入力インタフェース「Fingual」, 次世 代ヒューマンインタフェース開発最前線, pp. 135-143, 2013.

  • Lee Andre, Tominaga Kenta, Furuya Shinichi, Miyazaki Fumio, Altenmuller Eckart. 'Task-specific tremor in violinists: Evidence of coactivation in the 3-8 Hz frequency range' . Movement Disorders, Vol. 28(13), pp.1890-1892,2013.

  • 有賀陽平, 前田大輔, 宇野かんな, Hang T.T.Pham, 植村充典, 平井宏明, 宮崎文夫. '筋拮抗比と筋活性度を用いた拮抗駆動装置の線形制御と筋電インタフェースへの応用' . 日本ロボット学会誌, Vol.31, No.5, 2013.

2012

  • 平井宏明, 飯村大紀, 井上恵太, 宮崎文夫. '筋拮抗比の概念に基づくヒト歩行動作の運動要素分解' . 日本ロボット学会誌, Vol.30, No.5, pp.524-533, 2012.

  • Yuki Honda, Fumio Miyazaki, and Atsushi Nishikawa. 'Angle Control of a Pneumatically Driven Mousculoskeletal Model based on Coordination of Agonist-antagonist Muscle' . Journal of Mechanics Engineering and Automation, Vol.2, No.12, 2012.

  • 山本一之, 吉野勇人, 増本浩二, 宮崎文夫. '圧入組立構造の分割鉄心を用いたモータ生産工法の開発(第2報)-' . 精密工学学会誌, Vol.78, No.12, pp.1099-1104, 2012.

  • 山本一之,坂井雄井,佐武英和,宮崎文夫. '圧入組立構造の分割鉄心を用いたモータ生産工法の開発(第1報)-' . 精密工学学会誌, Vol.78, No.9, pp.817-822, 2012.

  • 堀瀬友貴,西川敦,谷口和弘,宮崎文夫. 'マスタ・スレーブロボットで"傷が見えない"手術を支援-内視鏡手術の操作 で単孔式内視鏡手術を実現するシステム-' . 月刊機械材料,Vol.32, No.7, pp.37-44, 2012.

  • H.T.T.Pham, はざ田政利,前田大輔,平井宏明,宮崎文夫. '手先力制御における筋シナジーの抽出およびロボットへの実装' . 日本知能情報ファジィ学会誌,Vol.24, No.1, pp.536-544, 2012.

  • 福島大志, 宮崎文夫, 西川敦. '磁気データセットを用いた指文字入力インタフェース「Fingual」の開発' . 計測自動制御学会論文集, Vol. 48, No. 3, pp. 159-166, 2012.

  • Y. Horise, A. Nishikawa, Y. Kitanaka, M. Sekimoto, N. Miyoshi, S. Takiguchi, Y. Doki, M. Mori and F. Miyazaki, 'An Algorithm for Control of Flexing Instruments for Single-Incision Laparoscopic Surgery', COMPUTER AIDED SURGERY Proceedings in Information and Communications Technology (CAS PICT), Vol. 3, Part 2, pp. 55-64, 2012

  • Y.Horise, A. Nishikawa, M. Sekimoto, Y. Kitanaka, N. Miyoshi, S. Takiguchi, Y. Doki, M. Mori and F. Miyazaki, 'Development and evaluation of a master-slave robot system for single-incision laparoscopic surgery', INTERNATIONAL JOURNAL OF COMPUTER ASSISTED RADIOLOGY AND SURGERY (IJCARS), Vol. 7, No. 2, pp. 289-296, 2012

2011

  • 下平順,天岡侑己,浜谷晋輔,武内将洋,平井宏明,宮崎文夫. 'ヒトのスイング動作の解析とロボットへの移植' . 計測自動制御学会論文集,Vol.47, No.10, pp.485-492, 2011.

  • T. Iimura, K. Inoue, H. T. T. Pham, H. Hirai, and F. Miyazaki, 'Decomposition of limb movement based on muscular coodination during human running', Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics (JACIII), Vol.15, No.8, pp.980-987, 2011.

  • 植村充典,川村貞夫,'多関節ロボットの省エネルギーを目的とした適応的剛性調節による周期運動制御法'. 計測自動制御学会論文集,vol.47, no.2, pp.110-118,2011.

  • 福島大志, 西川敦, 宮崎文夫, 関野正樹, 安室喜弘, 松崎大河, 細見晃一, 齋藤洋一. '在宅型反復経頭蓋磁気刺激治療のための磁場ナビゲーションシステムの開発'. 生体医工学, Vol. 49, No. 1, pp. 122-131, 2011.

  • 山田泰生, 西川敦, 関本貢嗣, 戸田伸吾, 瀧口修司, 三吉範克, 小林武治, 数原幸平, 市原貴晴, 倉下直人, 土岐祐一郎, 森正樹, 宮崎文夫. 'ゆらぎを用いた内視鏡自動位置決めシステムの開発 非モデルベースの内視鏡自動位置決めアルゴリズム '. 計測自動制御学会論文集, Vol. 47, No. 1, pp. 51-60, 2011.

2010

  • 谷口和弘,西川敦,小林英津子,宮崎文夫,佐久間一朗, 'ヒトの心の中を知る"ホモ・サピエンスが知能機械から受ける精神的ストレス"', 月刊機械材料, Vol.30, No.4, pp.70-74, 2010.

  • 谷口和弘,西川敦,小林英津子,佐久間一朗,宮崎文夫, 'ヒトはもうひとつの身体を求める"自分の外にいる自分"', 月刊機械材料, Vol.30, No.5, pp.60-64, 2010.

  • 谷口和弘,西川敦,小林英津子,宮崎文夫,佐久間一朗, 'ヒトは夢を見る"ホモ・サピエンスは知能機械とのインタラクションで魅力を増幅させる"', 月刊機械材料, Vol.30, No.6, pp.58-63, 2010.

  • Atsushi Nishikawa,Kazuhiro Taniguchi,Mitsugu Sekimoto,Yasuo Yamada,Norikatsu Miyoshi,Shuji Takiguchi,Yuichiro Doki,Masaki Mori,and Fumio Miyazaki, "Design and Control of a Compact Laparoscope Manipulator: A Biologically Inspired Approach",Advanced Strategies for Robot Manipulators,Chapter 17,pp.365-380,SCIYO,September 2010.ISBN 978-953-307-099-5.

  • 谷口和弘,西川敦,宮崎文夫. 'こめかみスイッチ:アフォ"ダンスを考慮した常時装用型コマンド入力装置の設計と実装', 計測自動制御学会論文集, Vol.46, No.1, pp.39-48, 2010.

  • 谷口和弘,西川敦,小林英津子,佐久間一朗,宮崎文夫. 'ヒトは進化する"知能機械とのインタラクションによるホモ・サピエンスの能力拡張"', 機械材料, Vol.30, No.1, pp.72-77, 2010.

  • 谷口和弘,西川敦,小林英津子,佐久間一朗,宮崎文夫. 'ヒトは機械を身につける"ウェアラブル知能機械とホモ・サピエンスとの境界"', 機械材料, Vol.30, No.2, pp.68-73, 2010.

  • 谷口和弘,西川敦,小林英津子,小林武治,宮崎文夫,佐久間一朗. 'ヒトは第三の手や目を捕る"ホモ・サピエンスと知能機械との協働"', 機械材料, Vol.30, No.3, pp.58-61, 2010.

2009

  • Taniguchi Kazuhiro,Nishikawa Atsushi,Sugino Tomohiro,Aoyagi Sayaka,Sekimoto Mitsugu,Takiguchi shuji,Okada Kazuyuki,Monden Morito,Miyazaki Fumio. 'Method for objectively evaluating psychological stress resurting when humans interact with robots', Advances in Human-Robot Interaction, pp.141-164, 2009.

  • Taniguchi Kazuhiro,Nishikawa Atsushi,Sekimoto Mitsugu,Kobayashi Takeharu,Kazuhara Kouhei,Ichihara Takaharu,Kurashita Naoto,Takiguchi Shuji,Doki Yuichiro,Mori Masaki,Miyazaki Fumio. 'Classification,design and evaluation of endoscope robots', Robot Surgery, pp.1-24, 2009.

  • Sekimoto Mitsugu,Nishikawa Atsushi,Taniguchi Kazuhiro,Takiguchi Shuji,Miyazaki Fumio,Yuichiro Doki,Masaki Mori. 'Development of a compact laparoscope manipulator(P-arm)', Surgical Endoscopy, Vol.23, No.11, pp.2596-2604, 2009.

  • 谷口和弘,西川敦,宮崎文夫. '耳は口ほどのものを言う?"外耳の動きを入力情報とする常時装用型インタラクティブメディアの提案', 機械材料, Vol.29, No.9, pp.65-72, 2009.

  • 谷口和弘、小久保亜早子. '障がい克服の最前線ー快適な生活を支える諸用具ー', 難病と在宅ケア, Vol.14, No.11, pp.30-33, 2009.

  • 徳勢直也、坂原洋人、宮崎文夫. '時空間 RRT によるロボットが譲り合う軌道生成', 日本ロボット学会誌, Vol.27, No.6, pp.696-701, 2009.

2008年

  • 谷口和弘,西川敦,小林武治,数原幸平,市原貴晴,倉下直人,関本貢嗣,瀧口修司,三吉範克,土岐祐一郎,森正樹,宮崎文夫 "水圧駆動型内視鏡マニピュレータのin-vivo評価", 生体医工学, Vol. 46, No. 6, pp. 606-620, 2008.

  • 難波俊介, 西川敦, 今岡健悟, 島田順一, 加藤大志朗, 寺内邦彦, 下村雅律, 常塚啓彰, 宮崎文夫. "ビジュアルサーボを用いたタッチ式内視鏡手術器具インタフェース", 生体医工学, Vol. 46, No. 6, pp. 595-605, 2008.

  • 高木史朗,坂原洋人,田畑哲,山岸弘幸,鈴木貴,宮崎文夫. 移動目標物の追尾制御に関する考察, 日本ロボット学会誌, Vol.26, No.8, pp.944-950,2008

  • Kazuhiro Taniguchi. 'KOMEKAMI Switch'. Annual Report of Osaka University --Academic Achievement-- 2007-2008, Vol. 9, pp. 52, (2008).

  • Junichi Shimada, Kazuhiro Itoh, Kunihiko Terauchi, Masashi Yanada, Masanori Shimomura, and Atsushi Nishikawa. 'Magnetic navigation system for thoracoscopic surgery: a partial lung resection with transbronchial marking'. IEEJ Transactions on Sensors and Micromachines, Vol. 128-E, No. 10, pp. 377--382, (2008).

  • 谷口和弘,西川敦, 中越宏明, 小林武治, 数原幸平, 市原貴晴, 倉下直人, 青柳さやか, 杉野友啓, 関本貢嗣, 瀧口修司, 門田守人, 宮崎文夫.'ディスポーザブル型腹内視鏡把持位置決めロボット', 日本ロボット学会誌 「第25回日本ロボット学会学術講演会 論文特集号」 ,Vol.26 , No.6, pp.502 - 513, 2008.

  • 谷口和弘,西川敦, 宮崎文夫,'こめかみの動きで機器操作', 検査技術, Vol.13, No.6, pp. 47- 55 , 2008.

  • 平井宏明, 宮崎文夫. '人間から学ぶ:巧みな運動',日本ロボット学会誌, Vol.26, No.3 ,pp. 234 - 237 , (2008).

  • Kazuhiro Taniguchi, Atsushi Nishikawa, Seiichiro Kawanishi, Fumio Miyazaki, "KOMEKAMI switch:A novel wearble input device using movement of temple "Journal of Robotics and Mechatronics, Vol.20, No.2 ,pp. 260 - 272 , 2008.

2007年

  • 坂原洋人, 升谷保博, 宮崎文夫. `時空間RRTによる複数障害物を考慮したリアルタイム軌道生成'. 計測自動制御学会論文集, Vol. 43, No. 4, pp. 277-284, (2007).

  • 山口哲, 西川敦, 宮崎文夫, 島田順一. `内視鏡の光学的特性に着目したロバストなビジュアルトラッキング法. 0ダイレクト内視鏡キャリブレーションへの応用と検証0'. 生体医工学, Vol. 45, No. 1, pp. 70-77, (2007).

  • 谷口和弘, 西川敦, 養田隆宏, 伊藤嘉奈子, 関本貢嗣, 安井昌義, 瀧口修司, 門田守人, 宮崎文夫. `斜視鏡の光学特性を利用した小型内視鏡マニピュレータの開発', 生体医工学, vol. 45, No. 1, pp. 36-47, (2007).

2006年

  • Fumio Miyazaki, Michiya Matsushima and Masahiro Takeuchi, `Learning to Dynamically Manipulate: A Table Tennis Robot Controls a Ball and Rallies with a Human Being', Advances in Robot Control, pp.317-341, Springer, (2006).

  • 白國紀行, 中西俊勝, 宮崎文夫, 小林秀敏, `高速鉄道車両用台車枠の設計手法に関する研究', 機械学会論文集A編, vol.72, no.721, pp.1285-1291, (2006).

  • 白國紀行,谷村正治,宮崎文夫, `高速鉄道車両の安全装置の設計手法に関する研究(上下方向)', 機械学会論文集, vol. 72, no. 716, pp.1021-1027, (2006).

  • 菅原正行,升谷保博,宮崎文夫, `ターゲット衛星近傍を飛行する宇宙機の角度情報に基づく接近誘導制御', 日本航空宇宙学会論文集, vol. 54, no. 628, pp.221-227, (2006).

  • 白國紀行,太田衆一郎,宮崎文夫, `高速鉄道車両の安全装置の設計手法に関する研究(左右方向)', 機械学会論文集, vol. 72, no.714, pp.309-315, (2006).

  • 高木史朗, 宮崎文夫, 森亮介, `単眼視覚移動ロボットによるボール追跡捕獲タスク', 計測自動制御学会, vol.42, no.2, pp. 183-188, (2006).

  • Atsushi Nishikawa, Shigeo Kijima, Tomohiro Katoh, Masachika Maruya, Satoshi Yamaguchi, and Fumio Miyazaki. `Mutual View Sharing System for Real-Time Tele-Communication'. Systems and Computers in Japan, Vol. 37, No. 14, pp. 73--86, (2006).

  • Hiroaki Hirai and Fumio Miyazaki. `Dynamic Coordination Between Robots: The Self-organized Timing Selection in a Juggling-like Ball Passing Task'. IEEE Transactions on Systems, Man and Cybernetics - PART B, vol.36, no.4, pp.738-754, (2006).

  • Hiroaki Hirai and Fumio Miyazaki. `Emergence of Dynamic Pattern in Wall-bouncing Juggling: The Self-organized Timing Selection for Rhythmic Movement'. Robotica, vol.24, pp.273-293, (2006).

  • 平井宏明, 宮崎文夫. `壁打ちジャグリングにおける動的リズムの形成とタイミングスキル'. システム制御情報学会論文誌, vol.19, no.1, pp. 15-27, (2006).

2005年

  • 関森大介, 宮崎文夫, `複数の光学マウスセンサ値とシンプルな俯瞰カメラ情報を用いた 屋内移動ロボットの自己位置推定', 日本機械学会論文集C編, vol.71, no.712, pp.3478-3485, (2005).

  • 関森大介, 宮崎文夫, `複数の光学マウスセンサを用いた移動ロボットのデッドレコニング', 計測自動制御学会論文集, vol.41, no.10, pp.775-782, (2005).

  • 山口 哲, 西川 敦, 宮崎 文夫, 伊藤 和弘, 島田 順一. `ダイレクト内視鏡キャリブレーションにおける磁場干渉問題に関する基礎検討'. 生体医工学, Vol. 43, No. 4, pp. 694--703, (2005).

  • 西川敦, 宮崎文夫. `大阪大学大学院基礎工学研究科機能創成専攻機能デザイン領域ロボティクス・メカトロニクスグループ'. 生体医工学, Vol. 43, No. 3, pp. 462--463, (2005).

  • Michiya Matsushima, Takaaki Hashimoto, Masahiro Takeuchi, and Fumio Miyazaki. `A Learning Approach to Robotic Table Tennis'. IEEE Transactions on Robotics, Vol. 21, No. 4, pp. 767--771, (2005).

  • 西川敦, 貴島茂雄, 加藤朋宏, 丸谷誠慶, 山口哲, 宮崎文夫. `実時間遠隔コミュニケーションを支援する相互視界共有システム'. 電子情報通信学会論文誌, Vol. J88-D-I, No. 2, pp. 292--304, (2005).

  • 升谷保博. `アイ・サイ問答教室: ロボカップ小型リーグに出たいんですが'. システム/制御/情報, Vol. 49, No. 1, (2005).

2004年

  • Atsushi Nishikawa. `A Review: FAce MOUSe --A Novel Human-Machine Interface for Controlling the Position of a Laparoscope--'. Annual Report of Osaka University --Academic Achievement-- 2003-2004, Vol. 5, pp. 22--25, (2004).

  • 西川敦. `腹腔鏡手術の術者インタフェースについて'. 日本コンピュータ外科学会誌, Vol. 6, No. 2, pp. 69--74, (2004).

  • 山口哲, 西川敦, 宮崎文夫, 島田順一, 加藤大志朗, 川上誠, 池田文昭, 山本裕. `術中変形を伴う臓器内腫瘍位置の実時間内視鏡画像合成システム'. 生体医工学, Vol. 42, No. 4, pp. 318--327, (2004).

  • 菅原正行, 升谷保博, 宮崎文夫. `インパルス的な速度変更による接近軌道の設計と制御'. 日本航空宇宙学会論文集, Vol. 52, No. 611, pp. 572--578, (2004).

  • 升谷保博. `レスキューロボットコンテスト'. 東京消防, Vol. 83, No. 6, pp. 70--73, (2004).

  • 升谷保博. `探索のためのセンサ関連技術と要救助者模擬ダミー ---大大特「センシンググループ」の研究紹介---'. 日本ロボット学会誌, Vol. 22, No. 5, pp. 562--565, (2004).

  • 西川敦, 宮崎文夫. `わが国における医療用ロボットの開発 ---内視鏡下手術支援ハンドアイロボットシステム---'. 外科治療, Vol. 90, No. 1, pp. 57--63, (2004).

2003年

  • 菅原正行, 升谷保博, 宮崎文夫. `ターゲット衛星の周りを飛行する宇宙ロボットの3次元軌道設計と 推力変動を考慮した制御'. 日本航空宇宙学会論文集, Vol. 51, No. 599, pp. 667--674, (2003).

  • Atsushi Nishikawa, Toshinori Hosoi, Kengo Koara, Daiji Negoro, Ayae Hikita, Shuichi Asano, Haruhiko Kakutani, Fumio Miyazaki, Mitsugu Sekimoto, Masayoshi Yasui, Yasuhiro Miyake, Shuji Takiguchi, and Morito Monden. `FAce MOUSe: A Novel Human-Machine Interface for Controlling the Position of a Laparoscope'. IEEE Transactions on Robotics and Automation, Vol. 19, No. 5, pp. 825--841, (2003).

  • Atsushi Nishikawa, Daiji Negoro, Haruhiko Kakutani, Fumio Miyazaki, Mitsugu Sekimoto, Masayoshi Yasui, Shuji Takiguchi, and Morito Monden. `Design of an Endoscopic Solo Surgery Simulator for Quantitative Evaluation of the Human-Machine Interface in Robotic Camera Positioning Systems'. Advanced Robotics, Vol. 17, No. 6, pp. 503--521, (2003).

  • 森亮介, 宮崎文夫. `ボールの追跡捕獲タスクに対するGAG(Gaining Angle of Gaze)戦略'. 計測自動制御学会論文集, Vol. 39, No. 4, pp. 388--393, (2003).

  • 平井宏明, 升谷保博, 宮崎文夫. `無重力下で自由回転する未知剛体の物体上の点の位置情報に基づく運動推定'. 計測自動制御学会論文集, Vol. 39, No. 2, pp. 89--96, (2003).

  • 関森大介, 臼井智也, 升谷保博, 宮崎文夫. `全方位画像上の床領域のモデル照合とデッドレコニングに基づく移動ロボットの自 己位置推定'. 日本機械学会論文集C編, Vol. 69, No. 678, pp. 437--444, (2003).

  • 関森大介, 臼井智也, 升谷保博, 宮崎文夫. `全方位画像から得られる床領域のモデル照合に基づく移動ロボットの自己位置推定 '. システム制御情報学会論文誌, Vol. 16, No. 2, pp. 77--84, (2003).

  • 小荒健吾, 西川敦, 進戸健太郎, 石井薫, 安井陽一, 宮崎文夫. `動きの変化に着目した動作パターンの1次元符号化に基づく身振り認識'. 情報処理学会論文誌, Vol. 44, No. 2, pp. 466--477, (2003).

  • 宮崎文夫, 武内将洋, 松嶋道也, 草野貴充, 橋本尚明. `卓球タスクにおける仮想ターゲットの予測と実現方法'. 日本ロボット学会誌, Vol. 21, No. 1, pp. 81--86, (2003).

2002年

  • Kengo Koara, Atsushi Nishikawa, and Fumio Miyazaki. `Hierachical Element Decomposition of an Articulated Object Based on Its Motion and Shape and Its Application to Measuring Human Body Motion'. Systems and Computers in Japan, Vol. 33, No. 8, pp. 98--110, (2002).

  • 森亮介, 宮崎文夫. `自律移動ロボットを介したヒトのボール捕獲戦略の検討'. 計測自動制御学会論文集, Vol. 38, No. 6, pp. 543--548, (2002).

  • 武内将洋, 宮崎文夫, 松嶋道也, 河谷雅人, 橋本尚明. `壁打ちタスクにおけるタスク実現の難易度の変化'. 計測自動制御学会論文集, Vol. 38, No. 5, pp. 456--461, (2002).

  • 升谷保博. `小型ロボットリーグチームOMNI'. 日本ロボット学会誌, Vol. 20, No. 1, pp. 41--42, (2002).

2001年

  • 関森大介, 臼井智也, 升谷保博, 宮崎文夫. `全方位画像上の床領域に基づく移動ロボットの高速な障害物回避と自己位置推定'. 情報処理学会論文誌コンピュータビジョンとイメージメディア, Vol. 42, No. SIG13-012(CVIM 3), pp. 110--118, (2001).

  • Kengo Koara, Atsushi Nishikawa, and Fumio Miyazaki. `Contour Based Hierarchical Part Decomposition Method for Human Body Motion Analysis from Video Sequence'. In Tatsuo Arai, Ejiji Arai and Masaharu Takano, editors, Human Friendly Mechatronics, pp. 235--240. Elsevier Science B.V., (2001).

  • 小荒健吾, 西川敦, 宮崎文夫. `輪郭形状に着目した身体要素の分割法とその応用. マーカ/オペレータの介入/身体構造モデルを必要としない身体運動計測'. 画像ラボ, Vol. 12, No. 5, pp. 5--10, (2001).

2000年

  • Darrell E. Nakawaki, Sangwang Joo, and Fumio Miyazaki. `Skill Transfer Improved with a Multi-Model Approach'. Advanced Robotics, Vol. 14, No. 5, pp. 371--376, (2000).

  • 浜田祐一, 周桑完, 宮崎文夫. `人間機械系におけるペダリング運動の最適機構パラメータ'. システム制御情報学会論文誌, Vol. 13, No. 12, pp. 585--592, (2000).

  • 小荒健吾, 西川敦, 宮崎文夫. `運動と形状に基づく多関節物体輪郭の階層的要素分割法と身体運動計測への応用'. 電子情報通信学会論文誌, Vol. J83-D-II, No. 12, pp. 2630--2640, (2000).

  • 宮崎文夫, 升谷保博, 西川敦. ロボティクス入門. 共立出版, (2000).

  • 西村正典, 西川敦, 小荒健吾, 宮崎文夫. `オプティカルフローと音声トリガを用いた手招き動作の認識手法'. 映像情報メディア学会誌, Vol. 54, No. 6, pp. 875--879, (2000).

  • 西川敦, 宮崎文夫. `オプティカルフローを用いた身振り認識と移動ロボット誘導への応用'. 画像ラボ, Vol. 11, No. 2, pp. 21--27, (2000).

  • Naoki Oshiro, Atsushi Nishikawa, and Fumio Miyazaki. `Using Foveated Vision for Robust Object Tracking: Three-Dimensional Horopter Analysis'. In Markus Vincze and Gregory D. Hager, editors, Robust Vision for Vision-Based Control of Motion, Chapter 11, pp. 137--143. IEEE Press, (2000).

  • 中脇ダレル, 周桑完, 宮崎文夫. `複数のダイナミックモデルに基づく蹴上がり動作スキルの解析'. 日本ロボット学会誌, Vol. 18, No. 1, pp. 59--65, (2000).

1999年

  • 満田隆, 宮崎陽司, 宮崎文夫. `ビジュアルサーボによる高精度な位置決めに適した画像移動量推定法'. 画像ラボ, Vol. 10, No. 12, pp. 11--16, (1999).

  • Atsushi Okubo, Atsushi Nishikawa, and Fumio Miyazaki. `Selective Acquisition of 3-D Structure with an Active Stereo Vision System'. Systems and Computers in Japan, Vol. 30, No. 12, pp. 1--15, (1999).

  • 西川敦, 大西映生, 西村正典, 平野敦士, 小荒健吾, 宮崎文夫. `局所相関演算に基づくオプティカルフローを用いた身振り動作の認識手法'. 情報処理学会論文誌, Vol. 40, No. 8, pp. 3118--3133, (1999).

  • Darrell E. Nakawaki, Sangwan Joo, and Fumio Miyazaki. `Development of a Coaching System Considering User Specific Characteristics'. 計測自動制御学会論文集, Vol. 35, No. 5, pp. 638--644, (1999).

  • 満田隆, 宮崎陽司, 丸典明, 宮崎文夫. `粗いオプティカルフローを用いた高精度な位置決めビジュアルサーボ'. 日本ロボット学会誌, Vol. 17, No. 2, pp. 227--233, (1999).

  • カールマクドーマン. `感覚--運動統合による記号接地'. 日本ロボット学会誌, Vol. 17, No. 1, pp. 20--24, (1999).

  • 中村恭之, 佐藤知正, 國吉康夫, 開一夫, 柴田智広, 浅田稔, カールマクドーマン, 谷淳. `なぜ認知ロボティクスは有望なのか?'. 日本ロボット学会誌, Vol. 17, No. 1, pp. 38--43, (1999).

1998年

  • Sangwan Joo, Naotaka Yoshihara, and Fumio Miyazaki. `Development of Variable RCC Using Elastomer Shear Pads'. JSME International Journal, Vol. 41, No. 4, pp. 867--878, (1998).

  • 冨士川和延, 小荒健吾, 宮崎文夫, 丸典明. `キャリブレーションエラーのあるステレオカメラにおける逆透視変換不可能面とビジュアルサーボの安定性'. 日本ロボット学会誌, Vol. 16, No. 7, pp. 1026--1028, (1998).

  • 大久保厚志, 西川敦, 宮崎文夫. `アクティブなステレオ視覚システムによるシーンの3次元構造の選択的復元'. 電子情報通信学会論文誌, Vol. J81-D-II, No. 9, pp. 1993--2007, (1998).

  • 宮崎文夫, 升谷保博, 広瀬英一, 中村大輔, 佐藤伸行. `LWR(Locally Weighted Regression) 学習によるスピンボールの状態予測'. 日本ロボット学会誌, Vol. 16, No. 5, pp. 684--689, (1998).

  • Karl F. MacDorman. `Feature learning, multiresolution analysis, and symbol grounding: A peer commentary on Schyns, Goldstone, and Thibaut's `The development of features in object concepts.''. Behavioral and Brain Sciences, Vol. 21, No. 1, pp. 32--33, (1998).

1997年

  • Takashi Mitsuda, Noriaki Maru, Kazunobu Fujikawa, and Fumio Miyazaki. `Binocular Visual Servoing Based on Linear Time-invariant Mapping'. Advanced Robotics, Vol. 11, No. 5, pp. 429--443, (1997).

  • Sangwan Joo, Naotaka Yoshihara, Yasuhiro Masutani, Atsushi Nishikawa, and Fumio Miyazaki. `New Design Methodology for RCC Using Elastomer Shear Pads'. Journal of Robotics and Mechatronics, Vol. 9, No. 5, pp. 362--372, (1997).

  • Atsushi Nishikawa, Shinpei Ogawa, Noriaki Maru, and Fumio Miyazaki. `Reconstruction of Object Surfaces by Using Occlusion Information from Active Stereo Vision'. Systems and Computers in Japan, Vol. 28, No. 9, pp. 86--97, (1997).

  • 周桑完, 吉原尚孝, 宮崎文夫. `Elastomer Shear Pad を用いるRCCデバイスの新しい設計法'. 日本機械学会論文集C編, Vol. 63, No. 614, pp. 3530--3537, (1997).

  • 大城尚紀, 丸典明, 西川敦, 宮崎文夫. `網膜と皮質間の写像関係に基づく両眼追跡'. システム制御情報学会論文誌, Vol. 10, No. 6, pp. 287--296, (1997).

  • 下地治彦, 升谷保博, 宮崎文夫. `時間遅れを有する浮遊宇宙ロボットの遠隔操作システムの安定性の検証'. 日本ロボット学会誌, Vol. 15, No. 4, pp. 608--615, (1997).

  • 満田隆, 丸典明, 冨士川和延, 宮崎文夫. `視空間に基づくビジュアルサーボイング'. 計測自動制御学会論文集, Vol. 33, No. 1, pp. 35--41, (1997).

  • Karl F. MacDorman. `Memory must also mesh affect: A peer commentary on Glenberg's `What memory is for.''. Behavioral and Brain Sciences, Vol. 20, No. 1, p. 29, (1997).

  • Karl F. MacDorman. `How to ground symbols adaptively'. In S. O'Nuallain, P. McKevitt, and E. MacAogain, editors, Readings in computation, content and consciousness. Amsterdam: John Benjamins, (1997).

  • 宮崎文夫, 升谷保博, 周桑完, 西川敦. `気のきくタフなロボットをめざして'. 大阪大学基礎工学部・基礎工学研究科(編), 大阪大学基礎工学部・基礎工学研究科, 工学部シリーズ, pp. 58--63. 三田出版会, (1997).

1996年

  • 満田隆, 丸典明, 冨士川和延, 宮崎文夫. `視空間を用いた逆運動学の線形近似'. 日本ロボット学会誌, Vol. 14, No. 8, pp. 1145--1151, (1996).

  • 周桑完, 宮崎文夫. `RCC用 Elastomer Shear Pad の力学に関する研究'. システム制御情報学会論文誌, Vol. 9, No. 8, pp. 383--391, (1996).

  • 満田隆, 丸典明, 冨士川和延, 宮崎文夫. `逆運動学の線形近似に基づくビジュアルサーボ'. 日本ロボット学会誌, Vol. 14, No. 5, pp. 743--750, (1996).

  • 宮崎文夫, 升谷保博. `羽根つきロボット'. 計測と制御, Vol. 35, No. 4, pp. 303--304, (1996).

  • 西川敦, 小川晋平, 丸典明, 宮崎文夫. `アクティブなステレオ視からの隠れ情報に基づく面構造の復元'. 電子情報通信学会論文誌, Vol. J79-D-II, No. 2, pp. 153--164, (1996).

  • Hiroshi Watanabe, Yoshinori Yoshii, Yasuhiro Masutani, and Fumio Miyazaki. `Learning the Inverse Map for a Robot Hitting Task'. Advanced Robotics, Vol. 10, No. 2, pp. 197--212, (1996).

1995年

  • Yasuhiro Masutani, Yasuhiro Okada, Takeshi Iwatsu, Hiroshi Ikeda, and Fumio Miyazaki. `Estimation of General 3D Motion of Unknown Rigid Body under No External Forces and Moments'. Advanced Robotics, Vol. 9, No. 6, pp. 675--691, (1995).

  • 渡辺洋, 吉井芳徳, 升谷保博, 宮崎文夫. `変動する外的環境下における学習 (ロボットによる羽根つきの実現)'. 日本機械学会論文集C編, Vol. 61, No. 586, pp. 2514--2520, (1995).

  • 周桑完, 下村原生, 関森大介, 升谷保博, 宮崎文夫. `垂直多関節型ロボットによる精密はめ合いアルゴリズム'. 日本機械学会論文集C編, Vol. 61, No. 584, pp. 1572--1578, (1995).

  • 周桑完, 前田浩一. `レーザ式変位センサを用いたロボットマニピュレータの手先微小変位測定装置の開発とその精度検定'. 日本ロボット学会誌, Vol. 13, No. 3, pp. 383--389, (1995).

  • 周桑完, 前田浩一. `垂直多関節型ロボットマニピュレータの関節剛性測定 ---同時測定と独立測定による比較---'. 日本ロボット学会誌, Vol. 13, No. 3, pp. 390--396, (1995).

  • 宮崎文夫. `スキルと学習'. 日本ロボット学会誌, Vol. 13, No. 1, pp. 20--24, (1995).

1994年

  • 田中麻紀, 丸典明, 宮崎文夫. `アクティブなステレオ視覚システムによる移動物体の3次元追跡'. 画像ラボ, Vol. 5, No. 11, pp. 51--55, (1994).

  • 西川敦, 丸典明, 宮崎文夫. `アクティブなステレオ法を用いた3次元曲面物体の形状計測'. 画像ラボ, Vol. 5, No. 6, pp. 31--37, (1994).

  • 宮崎文夫. `二足歩行物語'. 日本ロボット学会誌, Vol. 12, No. 1, pp. 61--62, (1994).

  • 増田隆広, 有本卓, 宮崎文夫. `駆動・伝達系を含んだロボットアームのトルク演算制御と軌道生成'. 日本ロボット学会誌, Vol. 12, No. 1, pp. 164--168, (1994).

  • Tetsuya Manabe and Fumio Miyazaki. `Learning Control Based on Local Linearization by Using DFT'. J. Robotic Systems, Vol. 11, No. 2, pp. 129--141, (1994).

  • Shuichi Sato, Takeshi Sakaguchi, Yasuhiro Masutani, and Fumio Miyazaki. `Mastering a Task with Interaction Between Robot and Its Environment (Kendama Task)'. J. Advanced Automation Technology, Vol. 6, No. 1, pp. 34--41, (1994).

1993年

  • 阪口健, 藤田政宜, 升谷保博, 宮崎文夫. `動体を扱うロボットの運動計画と制御'. 日本機械学会論文集C編, Vol. 59, No. 567, pp. 3397--3404, (1993).

  • 宮崎文夫. `タスク理解と学習'. システム/制御/情報, Vol. 37, No. 10, pp. 615--621, (1993).

  • 西川敦, 丸典明, 宮崎文夫. `アクティブなステレオビジョンによる曲面の隠れ輪郭の検出'. 電子情報通信学会論文誌, Vol. J76-D-II, No. 8, pp. 1654--1666, (1993).

  • 加瀬裕, 丸典明, 西川敦, 宮崎文夫. `ステレオ視によるマニピュレータのビジュアルサーボ'. システム制御情報学会論文誌, Vol. 6, No. 8, pp. 360--367, (1993).

  • 阪口健, 宮崎文夫. `ジャグリングロボットの開発'. センサ技術, Vol. 13, No. 13, pp. 64--69, (1993).

  • 佐藤守一, 阪口健, 升谷保博, 宮崎文夫. `作業環境との相互干渉を有するタスクの自律生成 (ロボットによる剣玉の実現)'. 日本機械学会論文集C編, Vol. 59, No. 558, pp. 487--493, (1993).

  • 丸典明, 西川敦, 宮崎文夫, 有本卓. `アクティブなカメラ運動による両眼視差の検出'. 日本ロボット学会誌, Vol. 11, No. 2, pp. 272--280, (1993).

  • 宮崎文夫. `宇宙ロボット技術'. 生産と技術, Vol. 45, No. 1, pp. 8--11, (1993).

  • Fumio Miyazaki. `Robot Motion Planning and Control for Moving Objects'. New Technology, Vol. 21, No. 3, p. 19, (1993).

  • Yasuhiro Masutani, Fumio Miyazaki, and Suguru Arimoto. `Sensory Feedback Control for Space Manipulators'. In Takeo Kanade and Yangsheng Xu, editors, Space Robotics: Dynamics and Control, pp. 203--227. Kluwer Academic Publishers, (1993).

1992年

  • 井手浩二, 宮崎文夫, 安斗星. `力覚情報を用いたはめあい作業の学習'. 日本ロボット学会誌, Vol. 10, No. 1, pp. 118--128, (1992).

  • D. S. Ahn, H. S. Cho, Koji Ide, Fumio Miyazaki, and Suguru Arimoto. `Learning Task Strategies in Robotic Assembly Systems'. Robotica, Vol. 10, pp. 409--418, (1992).

  • Greg Heinzinger, Dan Fenwick, Brad Paden, and Fumio Miyazaki. `Stability of Learning Control with Disturbances and Uncertain Initial Conditions'. IEEE Trans. Automatic Control, Vol. 37, No. 1, pp. 110--114, (1992).

  • Suguru Arimoto, Sadao Kawamura, and Fumio Miyazaki. `Bettering Operation of Robots by Learning'. In M. W. Spong, F. L. Lewis, and C. T. Abdallah, editors, Robot Control, pp. 189--205. IEEE Press, (1992).

1991年

  • 増田隆広, 有本卓, 宮崎文夫. `駆動要素の特性を考慮したロボットマニピュレータの動力学解析'. 日本ロボット学会誌, Vol. 9, No. 3, pp. 261--266, (1991).

  • 丸典明, 西川敦, 宮崎文夫, 有本卓. `両眼立体視における適応的視差検出法'. 日本ロボット学会誌, Vol. 9, No. 3, pp. 287--294, (1991).

  • 宮崎文夫. `ロボットの学習制御'. 機械の研究, Vol. 43, No. 1, (1991).