What's New

2017.12.20-22

M2佐伯友里さんが, 第18回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2017, 仙台国際センター) に参加して,"サドル支援型体重免荷装置ドレッドミルと能動式柔軟足関節装具を用いた歩行への介入"について発表しました.


2017.12.20-22

M2二ノ丸雄大さんが, 第18回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2017, 仙台国際センター) に参加して,"ヒト上肢の運動生成に関する再考"について発表しました.


2017.9.11-14

M2池口誠人さんが, 日本ロボット学会学術講演会(RSJ2017, 東洋大学) に参加して,"卓球ロボットのための,ヒトのラケットの動きを考慮した打撃点予測"について発表しました.


2017.9.11-14

M1真鍋仁さんが, 日本ロボット学会学術講演会(RSJ2017, 東洋大学) に参加して,"ヒトのドライブスイング移植による卓球ロボットの返球飛距離制御"について発表しました.


2017.9.11-14

M2片岡夏美さんが, 日本ロボット学会学術講演会(RSJ2017, 東洋大学) に参加して,"サドル支持型部分体重免荷装置,左右分離型トレッドミル,機能的電気刺激を用いた歩行への介入とその効果"について発表しました.


2017.8.24-26

B4小笹航平さん,藤原諒さん,林伸樹さんが, 第11回モーターコントロール研究会(中京大学) に参加して,"部分体重免荷,左右分離型トレッドミル,機能的電気刺激を用いた歩行への介入と効果 ― サドル支持型体重免荷の利点と限界 ―"について発表しました.


2017.7.19-21

D2渡邉英知さんが,Progress in motor control XI(マイアミ)に参加して,"Exploiting invariant structure for controlling multiple muscles in anthropomorphic legs:Equilibrium-point-based control approach to constrained motion"について発表しました.


2017.7.17-20

M2片岡夏美さんが, IEEE/RAS-EMBS International Conference on Rehabilitation Robotics(ICORR2017, イギリス) に参加して, "Effects of Partial Body-weight Support and Functional Electrical Stimulation on Gait Characteristics during Treadmill Locomotion: Pros and Cons of Saddle-seat-type Body-weight Support" について発表しました.


2017.5.10-13

M1鈴木健司さんが, ロボティクス・メカトロニクス講演会(ROBOMECH2017, ビックパレットふくしま) に参加して, "可変剛性機構を用いたロボット膝装具の開発と実験的評価"について発表しました.


2017.5.10-13

M1八木さとしさんが, ロボティクス・メカトロニクス講演会(ROBOMECH2017, ビックパレットふくしま) に参加して, "足首周りの角運動量に基づく脚ロボットバランス制御の実験的検討"について発表しました.


2016.12.15-17

M1片岡夏美さんが, 第17回計測自動制御学会システム・インテグレーション部門講演会(SI2016,札幌コンベンションセンター) に参加して, M2黒岩晃さんの研究 "サドル支持型体重免荷トレッドミルと機能的電気刺激を用いた歩行への介入" について発表し,優秀講演賞を受賞しました.


2016.11.15-17

D1渡邉英知さんが, IEEE/RAS International Conference on Humanoid Robots (Humanoids2016, メキシコ) に参加して, "Exploiting invariant structure for controlling multiple muscles in anthropomorphic legs: II. experimental evidence for three equilibrium-point-based synergies during human pedaling" について発表し,Finalist interactive paper に選ばれました.


2016.11.15-17

M2吉川史哲さんが, IEEE/RAS International Conference on Humanoid Robots (Humanoids2016, メキシコ) に参加して, "Equilibrium-point-based synergies that encode coordinates in task space: a practical method for translating functional synergies from human to musculoskeletal robot arm" について発表しました.


2016.9.7-9

D1渡邉英知さんが, 第34回日本ロボット学会学術講演会(RSJ2016,山形大学) に参加して, "下肢筋骨格ロボットによる前方ペダリングの再現と考察 ―筋シナジーに基づくヒトの運動戦略の解析と制御への応用―" について発表しました.


2016.9.7-9

M2吉川史哲さんが, 第34回日本ロボット学会学術講演会(RSJ2016,山形大学) に参加して, "ヒト上肢の姿勢保持時における終点と平衡点の一致を利用した新しい筋シナジー推定法の提案" について発表しました.


2016.9.1-3

M2長川祐磨さんが, 第10回モーターコントロール研究会(慶応義塾大学) に参加して, "サドル支持型体重免荷トレッドミル歩行の運動解析:下肢の平衡点軌道、足先剛性の可視化" について発表しました.


2016.9.1-3

M2吉川史哲さんが, 第10回モーターコントロール研究会(慶応義塾大学) に参加して,"体重免荷方式の違いが歩行に与える影響:吊り上げ型とサドル支持型の比較"について発表しました.


2015.12.14-16

M1渡邉英知さんが, 第17回計測自動制御学会システム・インテグレーション部門講演会(SI2015,名古屋国際会議場)に参加して, "ヒト型下肢ロボットの設計,モデル化,制御 ―筋シナジー制御法による前方・後方ペダリングの実現―" について発表しました.


2015.11.3-5

M1渡邉英知さんが, IEEE/RAS International Conference on Humanoid Robots (Humanoids2016, ソウル) に参加して, "Exploiting Invariant Structure for Controlling Multiple Muscles in Anthropomorphic Legs: An Inspiration from Electromyography Analysis of Human Pedaling"について発表しました.


2015.09.3-5

M1吉川史哲さんが, 日本ロボット学会学術講演会 に参加して"筋シナジー制御法を実装した筋骨格アームロボットの動的挙動"について発表しました.


2015.09.3-5

M1亀田誠二さんが, 日本ロボット学会学術講演会 に参加して"ヒトの走行運動のエネルギー解析"について発表しました.


2015.09.3-5

M2辻真緒さんが, 日本ロボット学会学術講演会 に参加して"ヒール靴着用時の歩行運動における下肢の筋協調解析"について発表しました.


2015.09.3-5

M2寺田祐基さんが, 日本ロボット学会学術講演会 に参加して"アシストロボットのための接地センサを用いない歩行相推定アルゴリズム"について発表しました.


2015.08.11-14

D3奥貴紀さんが, IEEE/RAS-EMBS International Conference on Rehabilitation Robotics(ICORR 2015) に参加して "A Feasibility Study to Assess Intralimb Coordination in Stroke Rehabilitation: Two Indices of Mechanical Impedance by Coactivation of Agonist Muscles"について発表しました.


2015.08.11-14

M2古場啓太郎さんが, Progress in Motor Control X に参加して "Regulation of Muscle Activities for Fast, Accurate, and Smooth Movement: Evolution of Virtual Trajectory via Coupling of Directional Mechanical Impedances"について発表しました.


2015.06.30

「国際共同研究促進プログラム」にマサチューセッツ工科大学(MIT)との共同研究が採択されました。 筋シナジーの診断に基づく脳卒中患者への運動介入とロボット療法に関する研究を今年度から共同で行う予定です。詳細は以下のページをご覧下さい。 http://www.osaka-u.ac.jp/ja/research/researcher_sp/international_joint


2015.2.18

平成28年度大学院推薦入学特別選抜に関する情報を追加しました.


2014.10.22-24

M2山下雄人さんが, roceedings of the ASME 2014 Dynamic Systems and Control Conference (DSCC 2014, San Antonio, Texas, USA) に参加して "FUNCTIONAL ELECTRICAL STIMULATION FOR EQUILIBRIUM-POINT CONTROL OF HUMAN ANKLE MOVEMENT: FREQUENCY DOMAIN SYSTEM IDENTIFICATION OF HUMAN ANKLE DYNAMICS"について発表しました.


2014.9.26-30

D2奥貴紀さんが, 36th Annual International IEEE EMBS Conference (IEEE EMBC 2014, Chicago, Illinois, USA) に参加して "Pilot Study on Quantitative Assessment of Muscle Imbalance: Differences of Muscle Synergies, Equilibrium-Point Trajectories, and Endpoint Stiffness in Normal and Pathological Upper-Limb Movements"について発表しました.


2014.9.26-27

M1北村貴志さんが, 生体医工学シンポジウム2014に参加して "筋シナジー解析に基づく歩行運動時の平衡点軌道及び足先剛性の推定"について発表しました.


2014.9.26-27

M1辻真緒さんが, 生体医工学シンポジウム2014に参加して "ヒール靴着用時の歩行運動における足関節拮抗筋ついの協調作用の解析"について発表しました.


2014.9.7-12

D2奥貴紀さんが, 1st Clinical Movement Analysis World Conference(ESMAC-SIAMOC 2014, Rome, Italy) に参加して "ABNORMAL MUSCLE SYNERGIES SIGNIFICANTLY ALTER ENDPOINT STIFFNESS AND VIRTUAL TRAJECTORY WHILE DRAWING IN A HORIZONTAL PLANE"について発表しました.


2014.8.12-15

D2宇野かんなさんが, 5th IEEE RAS/EMBS International Conference on Biomedical Robotics and Biomechatronics (IEEE BioRob2014, Sao Paulo, Brazil)に参加して "A Novel Muscle Synergy Extraction Method to Explain the Equilibrium-Point Trajectory and Endpoint Stiffness During Human Upper-Limb Movements on a Horizontal Plane"について発表しました.


2014.8.12-15

M1古場啓太郎さんが, 5th IEEE RAS/EMBS International Conference on Biomedical Robotics and Biomechatronics (IEEE BioRob2014, Sao Paulo, Brazil)に参加して "Tacit Representation of Muscle Activities During Coordination Training: Muscle Synergy Analysis to Visualize Motor Enhancement in Virtual Trajectory of Multi-Joint Arm Movement"について発表しました.


2014.8.7-9

D2富永健太さんが, 第8回 Motor Control研究会(筑波大学)に参加して "走行運動における足先平衡点軌道の推定と予測"について発表しました.


2014.8.7-9

D2奥貴紀さんが, 第8回 Motor Control研究会(筑波大学)に参加して "片麻痺による筋シナジーの変化が平衡点軌道・手先剛性に与える影響について-水平面内における上肢リーチングタスクの運動戦略の解析-"について発表しました.


2014.8.7-9

D2宇野かんなさんが, 第8回 Motor Control研究会(筑波大学)に参加して "ヒト腕/脚運動に適用可能な新しい筋シナジー抽出法の提案-数理モデルに基づく筋シナジーの物理的解釈-"について発表しました.


2014.8.7-9

M1古場啓太郎さんが, 第8回 Motor Control研究会(筑波大学)に参加して "螺旋描画におけるヒト腕の運動学習と制御-運動学習に伴う仮想軌道の洗練化"について発表しました.


2014.6.25-28

D3堀瀬友貴さんが, the 28th International Congress and Exhibition on Computer Assisted Radiology and Surgery (CARS2014, 福岡)に参加して "Development of a locally-operated master device and a flexible slave robot system for single-incision laparoscopic surgery"について発表しました.


2014.6.24-25

D3堀瀬友貴さんが, the 10th Anniversary Asian Conference on Computer Aided Surgery (ACCAS2014, 福岡)に参加して "Evaluation of a Locally-operated Master-slave Robot System for Single-incision Laparoscopic Surgery"について発表しました.



過去の情報

研究紹介

  • ヒトの運動の計測・シミュレーション

  • ヒトの運動理解(運動学習・機能的電気刺激)

  • ロボットによるヒトの運動の再現

  • リハビリテーション・ロボティクス

  • ロボットアームによるピッキングの自動化

  • 脚ロボットによる安定した歩行の生成

  • ヒトとの協調を目指した卓球ロボット

入試情報

  • 平成28年度大学院推薦入学特別選抜について

  • 学部4年生の配属について

スタッフ紹介

  • 教員、学生、ゲストの情報

宮崎研関連文献

  • 発表論文、学位論文の一覧