PROGRAM説明



特徴:まず第一には簡単/単純!!

    球の位置に合わせて距離を調節したプログラミング

    最終的に生じた誤差を人が修正(光センサー)

    

program

  ①フロントアームを上げる

  ②前進(球のもとへ)

  ③フロントアームを下げる(ボールを確保)

  ④後退(※1 下記参照)

  ⑤回転(向き調整)

  ⑥光感知(懐中電灯)

  ⑦前進(ゴールへ)

  ⑧フロントアームを上げる(ボールを放す)

  ⑨後退(リスタゾーンへ)


※1 ボールを確保したときの機体の位置がゴールから遠い場合は、向き調整の誤差が顕著に表れるため、その改善策として、ゴール近くで向き調整をすること で誤差が少なくてすむ。なので、後退してゴールへ近づくのだ。



 このプラグラムに至る過程

    最初は光センサーを駆使してリスタートなしで動けるようにしたかったが、自分たちにそれほどプログラムの技術がなかったためこのプログラムになっ た