我々7班は、井澤(工)、松永(工)、奥谷(経)の3人である。
ここで突撃インタビュー!

井澤について
「全体の話し合いでは議長を務める。ロボット作成においてはパソコンが苦手なぶん多くの意見を出していた。
たまに異様なまでのこだわりをみせる。パソコンいじくるよりも行動派っぽい。」(松永談)
「浪漫みたいなものを追い求める熱い男。もうちょっと現実を見ろ!(笑)
議長お疲れ様。そしてLEGOの組み立てが速い。」(奥谷談)

松永について
「熱くなりがちな他の二人を冷静に抑える係。班一番のイケメン。
台風弐号のチェーン機構を生み出した彼は天才かも。」(奥谷談)
「ややこしい二人の男(情熱を燃やし続ける男とロマンに走り続ける男)をしっかりと受け止めることができ、細かな気配りができる優男。
発想力を武器に、いずれは世界に羽ばたくことであろう。ちなみに帽子は頭の一部らしい。」(井澤談)

奥谷について
「7班の頭脳的存在。他二人が、パソコンが苦手なので、ロボットのプログラムから
ホームページ作成にいたるまで全ての指揮をとっていた。頼れる男です。」(松永談)
「このセミナー唯一の文系。だが文系とは思えない卓越した機械学的センスと深いロボットに対する愛情を兼ね備えており、
熱き心で我ら7班を引っ張り続けた。文系にしとくにはもったいないぜ(笑)」(井澤談)

隠された4人目のメンバー、おじさん