ロボットの機構

このロボットの特徴と言えば何といってもその大きさといってもいいと思います。 全長は約45cmほどあり腕を広げるとフィールドの大部分をカバーできます。 当初はもう少し長くする予定でしたがフィールドに入りきらなかったので少し短くしました。 この長い腕でフィールド中のピン球をかき集められるようにしました。



でかいほうの機構

ギアの数を調節することで一つのモーターで二本の棒が同じ方向に動かないようにしています。

今回使用したセンサーはこの光センサーひとつだけでした。これに懐中電灯で光を当てることで一連の動作が開始します。

ちいさいほうの機構

モーターを二つ使ってそのうち一つを前後移動用に、もう一つで前に付いている棒回転させて玉を打ち出す用に使っています。

ギアを一回変換して棒の回転数を上げています。

  • ロボット紹介に戻る
  • TOPに戻る