2010年 メカトロニクス入門 1班のページ

─機体の紹介─


〜ロボットの特徴〜
・名前:ナガトモ(今年のWCで活躍した長友佑都選手にあやかって)
・コンセプト:今大会で大流行した『回してボールをはじく』手段を捨て、
斬新で見てて楽しい可愛いロボットを目指した
・見所1:多くの機能を備えるがコンパクトにまとまった機体
・見所2:割と可愛らしい表情、仕草
・見所3:機体に乗っかる謎のロボットと、それを操縦している人


〜機構や構造の説明〜
・使用したセンサーは、出場した機体達の中でも最多の4個を備える
・各コードが絡まらないように工夫した配線
・重心を考えた設計で転倒しない、抜群の安定感


〜性能評価〜
ボールを『弾き飛ばす』ではなく『押し出す』戦術を採用したため
性能の優劣を他の班と単純比較することはできないと思われます。
見た目の可愛さならばどのチームにも負けていません。

それでも競技大会の結果は残念ながらワースト2でした。

しかし、教授や来客者による投票でロボコン大賞に選ばれました。





    ※右のサムネイル画像をクリックすると拡大画像が見られます。
ナガトモ
正面 左側面 背面
右側面 上面 操縦者