パンチの功績


見事、メカトロ競技会において
!!準優勝!!
運に助けられたところもあったが、
試走会で1点も入れられなかったあのパンチがここまで成長してくれるとは
バックすることができず、ただひたすら前に進み続けてしまったディフェンスは・・・・・、まあ、あれだが、
敵に9点入れられても、15点入れ返した攻撃はかなりよかった
シンプルな設計、プログラムとなったが、やはりパンチングシステムでの確実な得点は強かった
決勝戦では4班に格の違いを見せられてしまったものの
それでもよく頑張ったと思うぞ、パンチ!


授業を終えての感想


そもそもロボットを研究したくて阪大を選んだ自分にとっては、まさしく打って付けの授業だった
ものづくりの経験もレゴの経験もなかったので、正直、最初から最後まで悪戦苦闘だった
結果、パンチ本体の製作に関しては樫山に頼りっぱなしになっちゃったけど、何かを作ること、
特に頭の中にあるイメージを実際に形にすることの難しさについては、とても学ぶことができたと思う
相手が怖かったのか、競技会での守備時にパンチがまさかの敵前逃亡するなど、
予想外のハプニングもあったが、まぁ、それは結果オーライということにしておこう
それより、1番のハプニングは競技会での準優勝なんだが・・・
まぁ、せっかく準優勝できたんで、凄いぞパンチ!、てことで
とにかく、有意義な授業だったと思う
新入生の方は、興味を持ったら是非どうぞ!!(あっ、でも、倍率の高い授業なんで、志望動機はしっかりと・・・)
最後に一言:「この授業は4単位あるべきだ!」と思ったのは、自分だけではないはず!?
by中山
結果には大満足です!僕たちのロボットは試走会後に一度解体し、
一週間で新しく作り直すと言う苦難な道のりを経た事により強力になったと思います。
唯一の反省点は、攻撃の仕組みにばかり時間をかけすぎたせいでディフェンスがおろそかになり、
競技会では相手チームの攻撃をほとんど止めることができなかった事です。
本当ならば、超音波センサー等をディフェンスに取り入れたかったのですが、
時間と僕らの力の不足により実現しませんでした。
ルール作成は個人的にはいい感じで進んでいたんではないかと思っていましたが、
競技会を終えて振り返ってみると、
もっと早くルールが決定していれば、もしかしたらより良い競技会になっていたのかなと感じました。
でも
全体としてはこの基礎セミナーはとても楽しかったし、本当に希望して良かったと思っています。
by樫山