プログラム紹介



≪攻撃プログラミング≫


攻撃プログラミング
解説 →アイコンの説明はこちら


 1,はじめの4つのアイコンがボールをベルトコンベアで所定位置まで運ぶことを示しています。


 2,次の2つのアイコンは発射機関を降ろし、発射機関上に乗せることを示しています。


 3,次のアイコンは光センサーが反応するまで待機することを示しています。


 4,次の2つのアイコンはボールを発射することを示しています。



≪守備プログラミング≫
守備プログラム

解説 →アイコンの説明はこちら

 
 1,まず上の分岐の初めのループについて、60cm以内に物体がない場合に行ったり来たりの動作を繰り返します。


 2,そして、60cm以内に物体つまりは相手のマシンが来た場合、下の分岐によりマシンはストップします。


 3,次に、相手を見失った時に備えて、上の分岐の2回目のループでは初め小刻みに、そしてだんだんと大きく行ったり来たりの動作をさせます。


 4,そして相手を再び見つけた時、また下の分岐によりマシンはストップします。



TOPへ戻る