プログラムの簡単な紹介

1番左のブロック・・・センサーが何も反応しなかったら、とにかく前進!
左から2番目のブロック・・・マシンの左側のタッチセンサーが反応したらちょ こっと右にターン。
右から2番目のブロック・・・マシンの右側のタッチセンサーが反応したらちょ こっと左にターン。
1番右のブロック・・・ライトセンサーが反応したら右にターン。
それぞれターンする前にバックするようにしてある。
黄色のブロックは自分達でつくったたものであり、バックする際に反動でボール が落ちるのを防ぐために、モーターの強さを8段階のうちの8番目から3番目に 下げた。
競技会での結果へ トップへ戻る