機体紹介


機体の全体画像 長い首が最大の特徴であるこのマシンは、

僕たちはホントはゾウさんの方が好きなのですが

麒麟

と名付けました。

上の長いレールで的に玉を流し込みます。




機体画像 下から 製作開始当初から

ひたすら高く

をコンセプトに作り上げたこのマシンは、全体機体中で もっとも縦に長い構造をしており

非常にバランスが悪い

です。





タッチセンサー 光センサー あまりにも高さを追求した結果パーツが足りなくなるという事態に

陥り、タッチセンサーまでもが本来の用途を無視した状態で使われ

ていたりしています。また光センサーも使わないのに搭載されてい

ます。





機体側面 また、タイヤを大型化したことにより、高速化をはかりましたが

その反面、さらに

バランスが悪く

なりました。 麒麟崩壊


また、単純にレンガを積み上げたような首の部分は

一度倒れるとさながら

ジェンガ

のように崩れさるというとんでもない欠点を抱えています。

プログラムへ進む

班員紹介へ戻る

トップへ


Nozawa Daichi
Last modified: Fri Aug 3 17:44:29 JST 2007