ロボのココロ

基本的な動作は、

的の前まで移動する

滑車を倒し、球を流し込む

スタート位置に戻る

球をのせる滑車を起こす

という単純なものである。

コンセプトとしては、なるべくシンプルに、かつ確実に球を入れられるように考えた。

5つある玉入れそれぞれ1つずつプログラムを組んだ。


例として、中央の的と、右から2番目の的を狙うプログラムを紹介する。

1.中央の的

前進 5.6s

レール下げ 0.12s (球入れ)

ウェイト 2.0s (球が流れきるのを待つため)

後退 6.0s

レール上げ 0.47s

2.右から2番目の的

前進 2.0s

右ターン 0.46s

前進 3.4s

レール下げ 0.12s

ウェイト 2.0s

後退 6.5s

レール上げ 0.47s