プログラム紹介〜試走会二位の秘訣〜


このプログラムはいったん作成してから完全無修正である。
このプログラムの最大の特徴は「バンパーを敢えて使わないところ」である。
いわゆる、ミニ四駆でいう13ミリボールベアリングのような役割をしているわけである。
いや、正確にいえばスタビライザーポールといったところだろう。

弱点。。。。それはいわゆる応用力のなさである。
一定のことをし続けるだけで相手の動きにはあわせられないのである。
まさに今の日本人を風刺しているだろう。
このプログラム以外にもあるのであるがそれはただ単に逆からスタートするバージョンなので、正直みても意味がないだろう。
私たちのマシンは右左のモーターの回転数が違ったので、真っ直ぐ走らないことも多少あった。
これが今回における最大の敗因であろう。