改良・発展の可能性

扉が勝手に開いてしまうことがありました。これは扉開閉機構部分に用いた白いギヤが、大きな力がかかると空転するような構造になっていたためでした。
迅速にピンポン球を積むためにこのギヤを採用しましたが、逆にそれが裏目に出た結果となりました。
このギヤを普通のギヤにすることで、もっと安定してピンポン球を運べると思われます。

 

プログラムにも改良の余地があると思いました。壁に沿うプログラムなのでアクシデントには強いのですが、ゴールに向かうために最適な行動をするわけではないので、無駄が多いと思いました。

 

戻る