画像の縮小についての注意

Last modified: Tue Jul 15 13:47:15 JST 2003
画像を縮小して表示する場合,imgタグのwidthやheightの機能を使うのは,あ まりよくない.これを使うと,画像データは元の大きさのままサーバから転送 され,表示する時に小さく見せているだけだからである.したがって,画像が 転送(表示)されるまでに時間がかかる.しかも,縮小表示された画像が,あま り綺麗でない場合が多い(これはブラウザの性能による).

手間は増えるが,小さな画像を作って,それを100%の大きさで表示するように した方が賢明である.

以下に具体例を示す. 「再読込」を指定して,表示されるまでの時間や画質を比較してみよう.

画像データがキャッシュされていると,表示時間の差が出ない.その場合は, メニューから,編集→設定→詳細→キャッシュを選び,ディスクキャッシュと メモリキャッシュをクリアしてから,再度試してみよう.

1600×1200の画像を,320×240で表示するように指示した場合. あらかじめ,1600×1200の画像から320×240の画像を作っておいたもの.
画像ファイルのサイズ: 810,468 byte 画像ファイルのサイズ: 15,278 byte


masutani@me.es.osaka-u.ac.jp