haninshoukai

これがガボッと一発号だ!!!




ガボットの最大の特徴はその名の通り”ガボッ”と”一発”で大量の玉を取る前面部にある。この大型のアーム下にあるタッチセンサーがレンガの壁にふれるとモーターが回転しアームが持ち上がるのである。
この重いアームを玉が跳ねないよう静かに持ち上げる構造が下図である。














重量のある前面アーム部とのバランスを保つためRCXがかなり本体後方に取り付けられているのがわかる。配線や光センサーの設置にも苦労した。







名ゴールキーパー カーンと






アームを持ち上げた状態での下部からの写真。アーム下のタッチセンサーが見える。その右斜め下に見えるのが本体に取りつけられているもう一つのタッチセンサー。これがゴール前のレンガの壁に触れることによりアームが降りて玉がゴールに向かうという仕組み。






アームに取りつけられている数本の管。玉の収容部に傾斜をつけゴール前でアームを降ろしたとき玉が転がりやすくするためのもの。

>






前面からの写真。眼鏡はご愛敬。













以下競技会の図



スタート直前!!


大量の玉を取り込む。ガボットの本領発揮!


玉の回集に成功!あとはゴールを目指すのみ!


トラブル発生!修理中


ついに感動のゴール!?



  • プログラムの秘密へ
  • トップにもどる