見よ!このE.P.I.(機体の名前)の大迫力!!

と、言うことでロボット紹介始めます。


  • MOVING
  •     動力部分はモーター2つを使った前輪駆動型ロボット。
        後輪は車体の回転がスムーズにいくように試行錯誤の結果ゴムなしタイヤを使用した。
        スピードはご覧の通り。
    


  • SENSORING
  •     本体前方上部にはライトセンサーを搭載し、球の補給場所及びゴールから
        でる光を感知できるようにした。
        また、本体前方下部にタッチセンサーを搭載し、球の補給場所とゴール前にある
        レンガに当たったのを感知できるようにした。また、可動式のオリジナルバンパーを
        つけることで、センサーの反応性を向上させた。
    
    

  • ROLLING
  •     これがわが社の最終兵器ともいうべき装置である。
        これはピッチングマシーンの仕組みを応用したものである。
        取り込むときと発射する動作は一つのモーターの回転を逆にすることで可能となった。
        さらにローラー(タイヤ)下部に可動式のひっかき棒をつけることでとる範囲も広がり、より獲得力がアップした。
          注:右下は分解した図
    

  • Shunoing
  •     RCX2.0を車体後部にもっていくことにより、収納部分を後ろにのばすことができ、
        その結果、後ろに突き出したしっぽには、最大8個のピンポン玉を収納することが
        出来るようになった。
    

    TOPへ前へ次へ


    Last modified: Wed Sep 18 14:40:42 JST 2002