Road to the Victory

1.栄光への序章...

2001年夏、とりあえずビジュアル重視でいこうという結論に2人はたどり着いた。それは河合と駿台の浪人パワーに火がついた瞬間 であった。優勝を意識したのはこのころからだろうか...そして 月日は流れ、1年後、ここ阪大に入学し、基礎セミで同じ班になることは わかっていた。"さあ、やろうか..."

2.どういうロボットにするか?

まずビジュアル重視のために、あえて他の班にはない2足歩行でいくことにした。2足歩行によるバランスのずれを防ぐため、尻尾とい う形で補助輪をつけ、車体前部にはバンパーを取りつけた。ボールのキャッチには、カニのハサミのようにベルトコンベアーでつかみ取る ようにし、あとはゴールでそのまま放出するという方針にした。この方法で確実に点が取れると確信していた。そして、目と赤い翼を取り つけることでビジュアル面も完成した。プログラミングには若干手間取ったものの、最終的には光センサー、タッチセンサー、懐中電灯 の切り替えを巧みに利用した素晴らしいプログラムを思いつき、これを利用することにした後は試走を待つのみであった。

3.試走、 そして優勝への確信...

来る6月25日、ついに試走会が行われた。他の班が思い通りにいかず悪戦苦闘する中、我がロボットは 若干思い通りにはいかなかっ たものの、そこそこ満足できる走りをみせてくれた。あとは若干の修正を加えることで 本番は期待できると確信した。優勝が確信に変わ った瞬間でもあった。そして、本番を迎える...

4.結果は?

                          
         <みごとハットトリックを達成し優勝!!>




                                               戻る/topヘ/次へ

nishijima teppei
Last modified: Thu Sep 19 18:08:58 JST 2002